金沢デリヘル・官能小説倶楽部ママとお姉さん | 女子更衣室での出来事

HOME >> シナリオプレイ >> 女子更衣室での出来事

100倍楽しむには

女子更衣室での出来事

BEST

優秀作品(特別クーポン券贈呈)

女子更衣室での出来事

【登場人物】

先生まこと

 

【あらすじ】

まことは女性と手をつないだ事も無い童貞の16歳の高校生である。

 

日曜の午後、バレー部の活動が終わり自宅に帰る途中、忘れ物をしたことを思い出し、学校に戻った。

忘れ物をとりに体育館に行った後、女子更衣室の前を通りかかったとき、ドアが開いているのが見えた。

誰もいないひっそりとした体育館裏、いつも同級生の女子が着替えている女子更衣室に吸い込まれるように入ってしまった。

 

初めて入る女子更衣室、ここで女子が着替えている姿を想像しながら、女の匂いがする物がないか探し始めた。

ロッカーの上にバレーシューズがあるのを見つけ手に取り名前を見ると、ゆきえのだった。

いつもピチピチのブルマでバレーをしているゆきえはまことの憧れで、マスターベーションをするときはいつもゆきえのことを思い出しながらマスターべションにふけっていた。

バレーシューズを手に取り、鼻にあて思い切り匂いをかいだ。

自然に右手がペニスをさすっていた。

 

「何しているの!」

女子バレー部の新任コーチのこずえ先生が、一部始終を見ていてのである。
先生による懲罰

「いったいここを何処だと思っているの」

「体育用具室です」

「何を言っているの!うそを言っていると職員会議で報告するわよ。あなたが女子更衣室に入るところから見ていたのよ!正直に言いなさい、ここで何をしようとしたの」

「ごめんなさい。女子更衣室を物色していました。何もとっていません、許してください」

「物をとっていなくても、何をしていたのか言いなさい。正直に言わないと退学処分になるわよ。嘘つきは先生許さないから。全部見ていたのよ」

「ゆきえさんのバレーシューズを見つけて匂いを嗅いでいました」

「それだけじゃないでしょ!変態。匂いをかきながら何を想像していたの」

「ゆきえさんがここで着替えている様子です」

「こんなことして許してもらえると思うの」

(ビシッ!思い切りビンタをする)

「なんでもしますから許してください」

「先生の命令を聞いたら許してあげる。この変態」

「何でもします」

「そうじゃあ後ろを向いて」

後ろを向いたまことのズボンを下ろし始めた。

「これは何。どうして大きくなっているの」

「ご、ごめんなさい。なんでもしますから内緒にしていてください」

「あなた犬になりなさい。こんな変態犬と一緒よ」

「ワン、ワン。これでいいですか」

「犬が服を着ているの!四つんばいになりなさい」

まことは服を脱いで四つんばいになり先生の前にひざまずいた。

「これから私のペットとして調教するから、命令に従うこと。できない場合はあなたが退学になるようにするから」

「まずは、かわいらしくオナニーして見なさい。いやらしい声をだしながら。勝手に抜くことは許さないから」

まことは踊るようにオナニーをした。するとこずえ先生が僕の顔にまたがり、聖水をした。

「飲みなさい。飲めないのなら捨て犬として退学させるわ」

まことは犬のように舌を使い、聖水を飲み始めた。

「飲み終わったらきれいに舐めるのよ」

「おしっこ、おいしかったです。こずえ先生のペットになれてうれしいです」

「お前の体には私の聖水が流れているのよ。あなたは私よりも下等な生き物。おしっこをのんでくれて嬉しいわ。女子更衣室にいたことは秘密にしてあげる。今日はこれから性奴隷の調教をしてあげる。その前に汚れた体をシャワー室できれいにしてあげる」

「あなた女性経験はあるの?女の人の裸を見たことはあるの」

「ありません」

「女の人の裸を見せてあげる」

ゆっくりと服を脱ぎ、下着姿になった。

「裸を見せる前にあなたの射精する姿を見せなさい」

まことは右手をさすりはじめた。そして先生も全裸になったとき我慢できずに射精してしまった。

「勝手にイっちゃダメっていったでしょ。すぐに立たせなさい」

そしてお仕置きは続いた…

 

(以下アドリブで)

「女子更衣室での出来事」にアレンジを加えてもお楽しみいただけます!

 

>>シナリオ一覧に戻る

迷宮ラビリンス
イベント
デリヘル求人
モバイルサイトのご案内
QRコード